目の下のたるみをとる方法

目の下のたるみができる原因とは

目の下,たるみ,とる方法,原因

目の下のたるみが目立ってくると、顔全体が老けて疲れた印象になりますよね。あるとないとでは、顔の印象が全く違いますし、目の下のたるみがなくなれば、見た目年齢がぐっと下がります。

 

でも、そもそも目の下のたるみがなぜできてしまうのか、原因を御存じですか?

 

それはもちろんお肌の老化。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが年齢とともに減少、老朽化することと、目の周辺の筋肉が衰えることが原因です。

 

また紫外線も目の下のたるみに影響しています。

 

コラーゲンやエラスチンの線維が紫外線のダメージを受けることによってもろくなり、切断されて肌の弾力性を失ってしまうからです。

 

目の下のたるみをとる4つの方法

 

紫外線を防ぐ

紫外線はコラーゲンとエラスチンを減少させてしまう、お肌の元凶!目の下のたるみを悪化させないために、まずは1年を通してしっかりUVケアを行いましょう。

 

日焼け止めは肌への刺激が少ない紫外線吸収剤不使用のものを選び、顔全体にまんべんなく塗ることが大切です。日差しの強いときは、日焼け止めだけに頼ることなく、日傘や帽子などでしっかりと紫外線をブロックしましょう!

 

コラーゲンを増やすスキンケア

日頃のスキンケアでは目元の乾燥を予防するためにもセラミドを配合した化粧品で、たっぷり保湿ケアを行います。またコラーゲンを増やす成分、レチノールが配合されたアイクリームをプラスしましょう。

 

セラミドが配合された保湿化粧水でお肌を潤し、レチノールが配合されたレチノールクリームで水分を閉じ込めることによって、乾燥を防ぎながらコラーゲンを増やすことができます。

 

目の周りの筋肉を鍛える

表情筋を動かさないと、どんどん衰えて目の下がたるんできます。

 

目の周りの筋肉を鍛えるためには、目を上下、左右に動かします。毎日、上下5回を2セット、左右5回を2セット行うようにしましょう。これを続けることによってまぶたのたるみもとれて目の表情がよくなります。

 

そのほかのたるみ解消エクササイズはこちらに記載していますので、ぜひ参考にしてください。

 

頭皮をマッサージする

目元のたるみといえども、顔は頭皮とつながっていて、頭皮の筋肉に顔の筋肉は支えられています。

 

頭皮の血行が悪くなって硬くなると、顔の筋肉が支えられなくなり、顔全体がたるんでしまう原因になります。顔のスキンケアと同様、頭皮のマッサージをして血行をよくしておきましょう!